神戸市西区H様邸 シーリング工事の施工風景 外壁・屋根塗装のリフォーム工事

いつもご覧いただきありがとうございます。

本日は、シーリング工事の施工風景を紹介させて頂きます。

窯業系サイディングボードを施工していく上で無くてはならないのが、この作業です。

現状はこのように、表面の風化や硬化が進んでいます。

まずはこれをカッターで切り、撤去していきます。

このように、古いシーリング材が無いように撤去します。

この状態から、両サイドをマスキングテープで養生し、新しいシーリング材を充填して仕上げます。

各階、仕上がりの塗装色に合わせて、シーリング材の色も合わせます。

これを共色施工と呼びます。

これで完了です。

この後は、しっかり乾燥を待ち、塗装の作業を順次進めていきます!

神戸市北区 H様邸 外壁下塗り塗装作業の風景 外壁・屋根塗装のリフォーム工事

いつもご覧いただきありがとうございます。

本日は外壁下塗りの施工の様子を紹介させていただきます。

今回、最終的な仕上がりの色は1階2階で異なりますが(ツートン仕上げ)、下塗りは、外壁材が同じ窯業系サイディングボードなので、同じ下地材で施工します。

二階のボードはこのようになりました。

ボードの継ぎ目の溝の中までしっかり塗り込みます。

ただ、溝の中はあまり厚みがあると、割れや膨れの原因になる恐れがあるので、刷毛で1カ所1カ所塗りあげていきます。

1階は、このようなタイル調です。

最終的には、タイルの凹凸を塗り分ける仕上げになるので、出来栄えを楽しみにしていてください!

 

次回は外壁の中塗り〜の作業を紹介致しますので、楽しみにしてください(^^)

神戸市北区 H様邸 付帯物塗装(主材1回目)の施工風景 外壁・屋根塗装のリフォーム工事

いつもご覧いただきありがとうございます。

本日は、付帯物塗装の施工風景を紹介させて頂きます。

外壁・屋根以外の部位もしっかり塗装していきます。

他の業者によっては、この付帯物を塗ったり塗らなかったりや、中には、外壁材と同じもので塗り上げるところもあると聞きますが、やはり、外壁がきれいになった後では見劣りしたり、外壁材で共に塗り上げると、相性が悪い塗料だった場合は不具合の原因にもなりますので、部位ごとに塗り分けていきます。

シャッターBOX

出窓天板

小庇

縦樋

水切り

このように、まずは外壁に付随するものを1回塗装しておきます。

これは、この後に、養生をし、外壁を施工するに当たってスムーズに作業を進められるようにするためです。

引き続き、次回は屋根の施工風景を紹介していきます。

神戸市北区 H様邸 鉄部サビ止め下地塗装の作業風景 外壁・屋根塗装のリフォーム工事

いつもご覧いただきありがとうございます。

本日は、鉄部のサビ止め下地の施工をさせて頂きました。

表面にペンキを塗ったからと言って、全くさびなくなるわけではありません。

しかし、サビ止めの下地を塗るのと塗らないのとでは、長持ち具合は雲泥の差になります。

それでは、鉄部の下地塗装の風景を紹介していきます。

屋根 金物

シャッターBOX

小庇

出窓天板

水切り

このように、今回は白で仕上げる部分が多いので、白色の下地塗料を用います。

引き続き、主材1回目の作業を進めてまいりますので、追って紹介させて頂きます。

川西市 K様邸 エアコン配管カバー施工の工事風景 外壁・屋根塗装のリフォーム工事

いつもご覧いただきありがとうございます!

本日はエアコンの配管化粧カバーの施工風景を紹介します。

こちらも紫外線で劣化し、割れたり変形したりすることがあるので塗装し表面を保護します。

元々は壁にビス留めしてあるものなので、洗浄前にあらかじめ取り外しておきます。

これを並べて塗装していきます。

今回は外壁がクリヤー仕上げなので、取り外した状態で2回塗りにて仕上げます。

これで乾いたら外壁に取り付けていきます!

いよいよ細かなチェックを済ませれば全体の完成です!

お楽しみに!