MENU

神戸市の外壁塗装工事は阪神ホームにお任せ

お気軽にお問い合わせください

0120-516-107電話受付 10:00-18:00 定休日 水曜日

  • 外壁塗装の相談をしたい方はご来店予約 相談・見積すべて無料!
  • 外壁塗装の費用を知りたい お問い合わせ お気軽にご連絡ください。

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ > 施工監理部 > 高圧洗浄と土間の養生の作業-明石市O様邸の外壁塗装・屋根塗装工事

高圧洗浄と土間の養生の作業-明石市O様邸の外壁塗装・屋根塗装工事

施工監理部

2015.02.26 (Thu) 更新

いつもご覧頂きありがとうございます。

本日は、高圧洗浄と土間の養生の作業をさせて頂きました。

まずは、近隣の皆さまへ、少しでも迷惑をおかけしない様に、現在張ってある落下防止シートの上に、飛散防止用のメッシュシートを張っていきます。

施工前

S__7798802

施工途中

S__7798803

S__7798805

S__7798806

S__7798807

施工後

S__7798808

でも、同じメッシュを重ねても・・・とお思いの方もいるかもしれません。

しかしそれは違います。

通常、足場組み立て時に備わっているメッシュシートは、作業をする人間や、工具等が、足場を飛び出して落下しない様に張られているものです。

しかし、私共が重ねて張っているメッシュシートは、塗料等の飛散防止を目的として作られているシートになります。

具体的な違いは、

①網目が細かい

②編んでいるもの自体が太くなっている

この2つの違いにより、通常のメッシュシートの目を飛び出してしまうような塗料の散りや、洗浄時のはね返りの水 等がより飛散しにくく作られています。

そして、2重にすることで、網目同士が重なりあい、飛散を最小限に防ぐことが出来ます。

下の写真のように、とりわけ隣保様との距離が狭い部分は、メッシュシートでは無く、ブルーシートを用いることもあります。

ブルーシートは、隙間なく編まれていますので、飛散をほぼ防ぐことが出来ます。

ですが、全ての面をブルーシートで覆ってしまうと、風が抜けず、もろに受けてしまうので、これからの時期は特に、急な突風があると、もろに風をうけてしまい、足場の倒壊事故の恐れや、塗料の臭いが籠ってしまい、お施主様への負担にもつながりますので、立地や隣保様との距離、方角等を考え、どちらかを選定し、張らせて頂いております。

S__7798809

S__7798810

シートも張り終わり、いざ洗浄です。

今回、屋根の瓦が「モニエル瓦」と呼ばれる瓦です。

この瓦の特徴は、表面に「スラリー層」という塗膜が形成されています。

これが、年月が経つにつれ、劣化し、粉体として表面に付着してきます。

ただ、このスラリー層がとても曲者です。

塗替えの際、このスラリー層が残っていると、塗料の密着がとても悪く、いくら良い塗料を施工しても、数年で剥離してきます。

これは、材料の相性ももちろんありますが、一番の原因になってくるのは、十分な洗浄を行っていなかった事です。

塗料メーカーさんによって、モニエル瓦に適した塗料はそれぞれ販売されていますが、ほとんどのメーカーさんがカタログにこう記入されています。

※高圧洗浄時には、

①水圧15MPa

②水量15ℓ/分

③洗浄ノズルを30cm以内で

④表面の汚れがほぼ付着しなくなるまで

十分に洗浄してください。

これを怠る業者様が正直多いのが現状です。

もちろん私たちは、上記注意事項をしっかり守り洗浄させて頂きます。

①15MPa

S__7798811

②③15ℓ/分で30cm以内の距離

S__7798813

そして、軍手で擦り、汚れが付着しなくなるまで洗い上げます。

洗浄前

S__7798814

S__7798815

汚れの付着もあり、最初はこんなに汚れています。

洗浄後

S__7798816

S__7798817

汚れはほとんど付きません。

これで洗浄は完了となります。

洗浄比較

S__7798818

洗浄後

S__7798819

そして、モニエル瓦でもう一つ注意すべきな部分は、この切り口の部分です。

日本瓦や、コンクリート瓦のように、つるっとはしておらず、凹凸がひどく、ざらざらしているのが特徴です。

そして、その影響もあり、汚れやコケが付着しやすいので、表面だけでなく、この切り口も十分な洗浄が必要です。

洗浄風景

S__7798820

洗浄後

S__7798821

特に、雨どいのすぐ上は、湿気の影響も受けやすいので、コケの繁殖はすさまじいので、洗浄を当てる前に、ブラシ等で磨き落しておきます。

施工前

S__7798822

磨き風景

S__7798823

磨き後

S__7798824

洗浄風景

S__7798825

洗浄後

S__7798826

屋根の洗浄が終わったところで、その他の部分も洗浄していきますが、洗浄をかける前に、ケレン(目荒し)を行います。

ケレン作業

縦樋

施工前

S__7798829

ケレン風景

S__7798830

ケレン比較

S__7798831

施工後

S__7798832

軒樋

ケレン風景

S__7798827

施工後

S__7798828

雨戸

施工前

S__7798833

ケレン風景

S__7798834

施工比較

S__7798835

施工後

S__7798837

下屋根取り合いのブリキ

施工前

S__7798838

ケレン風景

S__7798839

施工後

S__7798841

破風板

施工前

S__7798842

ケレン風景

S__7798843

施工後

S__7798844

出窓天板

施工風景

S__7798845

施工比較

S__7798846

施工後

S__7798847

換気フード

ケレン風景

S__7798849

施工後

S__7798851

シャッターBOX

ケレン風景

S__7798853

施工比較

S__7798854

施工後

S__7798856

水切り

ケレン風景

S__7798858

施工後

S__7798859

そして、洗浄していきます。

ベランダ土間

洗浄前

S__7798860

洗浄風景

S__7798862    S__7798863

ほこりの溜まりやすい、窓の下等の狭い部分もしっかり洗います

ベランダ敷物

洗浄風景

S__7798864   S__7798865

裏側もしっかり洗います。

雨どい内

洗浄風景

S__7798866

泥が溜まっていると、つまりの原因になるので、しっかり流します。

軒天井

S__7798868

雨どい 外側

S__7798869

S__7798870

縦樋

S__7798871

雨戸

S__7798872

破風板

S__7798874

外壁

S__7798875

特にチョーキングのひどい1Fのボードは、軍手でチョーキングを拭き取りながら洗浄していきます。

S__7798876   S__7798877

S__7798878    S__7798879

S__7798880

出窓天板

S__7798881

S__7798882

換気フード

S__7798883

土間

S__7798884    S__7798885    S__7798886

S__7798887    S__7798889    S__7798890

洗浄後、土間にシートを敷き、養生していきます。

S__7798891    S__7798892

 

明日は、鉄部のサビ止め~作業を行います。

相談無料 診断無料 見積無料相見積もり大歓迎!

ご相談に阪神ホームの一級塗装技能士が親身になってお答えします。

0120-516-107受付時間 10:00-18:00 定休日 水曜日

  • 外壁塗装の相談をしたい ご来店予約はこちらから 相談・見積もり無料
  • 外壁塗装の費用を知りたい お問い合わせはこちらから お気軽にご相談ください
  • 外壁診断
  • 雨漏り診断

阪神ホーム代表よりごあいさつ

確かな技術力でお客様のお住まいを守ります

阪神ホーム株式会社

代表取締役弘田 勇史
HIROTA YUSHI

この度は、阪神ホームのHPをご覧いただき誠にありがとうございます。

私たち社員一同は、創業以来一貫して「あたりまえな事を徹底的に行う」「お客様に感動して頂く」をスローガンに掲げ、日々の業務に取り組んでおります。

私たち職人の「あたりまえ」はお客様にとって必ずしも「あたりまえ」ではありません。
お客様から頂いた信頼に対して誇りを持てるように全力で業務に取り組み、お客様に「仕上がりが想像以上で良かった」「デザインがここまでイメージ通りにしてもらえるとは思ってなかった」等、ご要望以上の成果が出てこそ本当のプロであると考えております。

皆様の夢の結晶である大切なお住まいを、最高の美観で、より安心してお暮し頂けるよう一歩ずつ目の前の事から全力で取り組む所存でございます。
これからも阪神ホームをプロフェッショナルホームドクターとして何卒宜しくお願い致します。  

  • 外壁塗装専門ショールーム アクセスマップ

    住所
    〒657-0831 兵庫県神戸市灘区水道筋3丁目7-6
    連絡先
    フリーダイヤル:0120-516-107
    営業時間
    10:00~18:00(年末年始休)

    ショールームについて
    詳しくはコチラ